上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告|

前にいた血盟でお世話になった姉御さんが無期休止されるとお聞きました。
プレイスタイルにとても共感するところがあっただけに寂しいですが…
休止だということなのでいつかまたお会いすることを楽しみにしております。。


さて、その姉御さんなのですが
BOTのMPKや通報にも積極的に活動してらっしゃいました。
BOTの対処と言えば最近噂のこのお方。

この記事

面識の無い方なのですが、名前は聞いたことがあるので
たぶん昔からやってらっしゃる方ですよねー。
仲間や援助を募ってらっしゃるとのことで、

援助品の数々

方々からたくさんの援助品が届いているようです。
実は私も匿名希望でいくらか援助してきました。




今は意気揚々と新しい事を始めて気分ものっていると思うのですが
このBOTPK行為、かなり難しいことと私は思っています。

まず認識しておかなくてはならないのは、BOTをPK等で排除するということは
あくまで一時しのぎでしか無いということです。
NCJによる対処か、あるいはNCによるシステム自体の変更でもない限り
残念ですがBOT達はいなくならないでしょう。
潰しても潰しても延々と湧き続けるBOTに嫌気がささないかどうか。これが一点。

そして人間関係の面でも摩擦が生じてきます。
まず、BOTと一般人の区別をどう行うか。これだけ大々的にやるとなると
誤PKなんてしようものなら猛烈なバッシングが来る事は間違いないでしょう。
これを利用して、BOT利用者が「一般人なのにPKされた」と
情報操作を行う可能性も充分考えられます。
また、「業者達を不必要に刺激するな」と言う方も出てくる事と思われます。

援助品をもらってしまっている以上、周りの人間から口出しされるのはほぼ確実です。
やりすぎては批判され、やっても当然でしょと思われる。
こんな状況に果たして耐えられるかどうか。
一般人とBOTの区別も最近は難しく、面倒になり無差別に…
ということも、中の人の性格次第ではありますが有り得る話ですね。


と、まあネガティブなことばかり書いてしまいましたが
こんな事が起こりえるからこそ、私はこの方を応援したいと思っています。
贖罪者の手錠を必要としていること、また援助を渡した際に
「長期的な目で見て下さい~」と仰られたことから
長期戦になることはご本人も理解されてるようですし…。
今はお金という形でしか援助できませんが
それ用のキャラも実は育て始めていたりします。しばらくはロクにできませんが。
頑張って育った頃にはもうやめていた、なんてことのないよう祈るのみです。。
(やめるどころか無差別とかになってたらorcですけどね、ほんと…。)

皆さんも、たとえお金や物資・または直接の援助はしなくても
周囲の理解というのが何よりも暖かい援助になるということを
できるだけ心に留めておいて欲しいなと個人的には思いますです。
ちなみに最近はGMコールに関しても こういうの が提言されてたりします。


魔女たる者、勇気ある一歩を踏み出した者には祝福を与えましょう。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。