上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告|

ずばり、前と後ろの両方から攻撃した時に
クリ率と命中率にどの程度違いがあるか、簡単にですが検証しました。


設定条件
 3M級短剣(Opなし)装備の59オーバーロード。染料なし。ドムローブセット。
 バフはマイシー・ガイ・アキュ・マジバリ・ブレシー・BS・通常攻速POT。
 対象はオエルマフムシャーマン(Lv55)。
 サイレンスで無抵抗化後、位置取りをして攻撃開始しました。

結果
①前から攻撃した場合
 全攻撃回数/ミス回数/クリティカル回数=1023/74/103
 よって、ミス率=7.2%、クリティカル率=10.0%
 また、1体倒すまでの平均は攻撃回数/ミス回数/クリティカル回数=114/8/11

②後ろから攻撃した場合
 全攻撃回数/ミス回数/クリティカル回数=994/25/182
 よって、ミス率=2.5%、クリティカル率=18.3%
 また、1体倒すまでの平均は攻撃回数/ミス回数/クリティカル回数=99/3/18

考察
 結果からわかる通り、命中率だけでなくクリティカル率にもかなりの差が出ました。
 以前はクリティカル率は前・後ろは関係がないという噂もありましたが
 ほぼ確実に影響していると言ってよい結果が出たと考えます。
 体感的にも、ばらつきがあるとはいえ1体を倒すのにかかる時間が全く違いました。

発展
 今後、武器をDEダガーに交換して
 Opフォーカス・Opバックブローを同じ条件下で検証しようと考えています。
 その際に今回の結果も含めてレポートいたします。


魔女たる者、論理的にいきましょう。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。