上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告|

昨日のシュチュッツガルト戦について間単にですが書いておきます。
SS全然撮ってないのでテキトー気味です。
ルウン戦に引き続き、30人近くの人がログインしてました。
エルダーのピノさんがいらっしゃってたので、クレリティの凄さを体感できましたよー。
やることなすことMP消費量が膨大なオバロにとってはありがたかったです。
また、ルウンではあまりにもデスペナが痛かったため
今回はとにかく生き残ることを重視して戦ってみました。
もちろんお守りも(最初の1回だけですが)ばっちり使いました。


最初のうちは、aquaとiMAGEOnとGradivusで戦普・昆布系を排除。
で、NPC城をみんなで攻めていた模様。
私らは鬼さんが途中まで不在で陣地が無かったため、
オーレン城主で攻め登録できないHK2と陣地防衛してました。ヒマー。
途中でザリチェも出現してました。




で、まず天狼の騎士団(だったかな?)が交感に成功し
Gradivus対aqua・iMAGEOnとなります。
これにより天狼以外のGradivus勢力が陣地に飛ばされてきたので
そこを一網打尽、殲滅に成功します。

殲滅後天狼のいる城を再び攻め、今度はBERSERKERが交感に成功。
これによりaqua・Gradivus・iMAGEOnの三つ巴戦に。

その後、戻ってきたGradivus軍と小競りあい→全面対決となり
私はここでやられちゃいました。どうやらほぼ全滅だったようですな。

で、復帰する途中の道がきれいだったのでパシャリ。



戻ってる間にblackが交感に成功したようで、
再びaquaとiMAGEOnが手を組むことになったのですが
結局攻めきれず時間切れと相成りましたとさ。


今回は何度も敵と味方がコロコロ変わってて
支援に来ていた血盟が味方から総攻撃に遭ったりと色々ややこしかったです。
外交というか根回しというか、指揮官の人は本当忙しそう。
指揮官に一番求められるスキルはもしかしたらタイピングの速さなのかも…


魔女たる者、組織同士のしがらみにはあまり巻き込まれたくないものですな。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。