上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)| スポンサー広告|

今回はスキルや経験値に関するあれこれ。


1.スキル熟練度の上昇量

武器学の熟練度のみ、法則が変わっていました。
日本版はなんだか凄くややこしい方式になっていたようなんですが
海外版はきわめてシンプル。

・攻撃成功/被ダメで+1.28
・攻撃失敗(ガード/回避/パリィ問わず)は+0.64

これだけです。武器種(投擲含む)・職業による変化はありませんでした。
まあ、全ての組み合わせを試したわけではないですけど
おそらくこれで確定かなあと個人的には思います。
ちなみに、他のスキルの上昇量は変化なし。スティール上げ…(´;ω;`)ブワッ


2.マップ経験値量の上昇

wikiに載ってる経験値量とは違ったのでご報告。
といっても一部しか調べてないけども。

(すべて敵がLv37での経験値)
ボルダー砂漠のミモザ戦→1300  バハンナ高原のウラム戦→900
ゴルボルザ平原ガズン戦→1200  タインマウスのエクストラ戦→800

以上の事から推測するに

・低レベルでも高レベルでも経験値は変わらず
・日本版での低レベル時経験値+200~300くらい?

と思われます。いやー、楽になったもんだ。
ちなみに、レベル差による加算経験値は日本版と変わっていませんでした。


3.エクストラバトルの出撃人数

経験値とはちょっと離れてしまいますがついでに。
エクストラバトルでの出撃人数が変更になっているマップが多数ありました。
以下リスト。(全て4章での調査です)

 場所 日本版海外版
 タインマウスの丘   6  7
 ゴルボルザ平原   6  7
 ボルデュー湖畔   6  6
 ゾード湿原   6  7
 リィ・ブム水道   6  6
 レイゼン街道   12  12
 バハンナ高原   8  9
 ウェオブリ火山   8  8
 スウォンジーの森   8  10
 ヘドン山   6  6
 マデュラ氷原   8  7
 ベルモルーゼ台地   8  9
 ボーテーゲン平原   8  10
 ヴァネッサ街道   12  12
 ランべスの丘   8  7
 ゾリューシ油田   10  12
 ボルダー砂漠   10  11
 ヨルオムザ峡谷   8  9
 ルッファ海岸   10  12
 ニムラハバの森   10  12


増えている所がほとんどですねー。
ステータスの関係で難易度が高くなりすぎるのを防ぐ為でしょうか。
ストーリー上の戦闘人数は確認してなかったけど…。まあ気が向いたらということで。


以上、経験値などあれこれでした。

****おまけ****

tactics10.jpg

Keshaに引き続きDrakeも登場。「Take Care」絶賛発売中!
スポンサーサイト

海外版はステータスも微妙に変更が入ってます。

1.レベルアップボーナスの減少

これは有名ですが、戦闘に参加していたキャラがレベルアップした際、
全ステータスが一定値上昇します。
日本版では1レベルあたり0.5ずつ上昇していましたが
海外版では(たぶん)0.1ずつ上昇しています。

tactics01_20111218173008.jpg
tactics02_20111218173008.jpg

↑テンプルコマンド以外無経験のオズマ姐さん。
ベースパラメータを見てみると、どのステータスも3~5上昇しています。
が、こういった検証をしようと思ってなかったので、
カード獲っちゃってるんですよね、コレ…。
というわけで実質3、小数点次第で4というのが実際の所だと思います。
ちなみに、海外版ではテンプルコマンドはKnight Commanderです。


2.RT(WT)の調整

これ、wikiにも載ってなかったんですが、
一部固有キャラのRTに調整が入っています。
具体的にはベルダ&オブダJr.とエルリグの3名。

tactics09
tactics10

↑上が汎用ローグ、下がローグなエルリグ。
日本版では汎用と同値でしたが、海外版では-1に。やったね海賊船長!


tactics05_20111218174549.jpg
tactics03_20111218174550.jpg
tactics04_20111218174549.jpg

↑一番上から汎用グリフォン、ベルダJr.、オブダJr.。
日本版はオブダは汎用同等、ベルダに至っては汎用+1と謎な仕様になっていましたが、
海外版では2匹仲良く-2です。これでヤキトリ回避か!?

ちなみに他のキャラは全く変わってませんでした。
タムズは汎用同等だし、カモスは相変わらず+1です…
まあカモスはお爺ちゃん設定だから仕方ないのかな。


3.カード取得による上昇値

HP、MP、忠誠度全て、日本版では+1~3だったのが
海外版では+1~5になっています。
他のパラメータは具体的な数値が出ないので何とも言えないですが
おそらくこちらも上がっているんじゃないかなあと思います。
あくまで体感ですけどねー。


総括

とにかくレベルアップボーナスの変更が大きいです。
もうこれで全然別ゲーになってる気がします。

tactics08.jpg

↑上は現在のデニムのステータス。
ナイトで1~30、ロードで1~36、ルーンフェンサーで20~33、ローグで6~32と
100回以上レベルアップを経験させてこの数値。
ゴリアテの3人は初期ステータスがだいぶ低いのもありますけど、
頑張って頑張ってカードも積極的に獲らせてこの程度です。
ちょっとやり過ぎちゃったかもと後悔してますが
そこまで無双にはなってないのが救いですね。もうカードは他キャラに譲ります…。


また、この仕様だと初期ステの違いでかなり個性が出やすいので

tactics09.jpg

メイトリアーク一筋の彼女はこんな数値に。
こういう尖ったステータスの方が個人的には好きです。
長所短所がはっきりしてて、役割分担が明確になりやすいんですよねー。
他のキャラも、コンセプトを考えて、それに沿ったカード取得を心がけたりしています。

以上、ステータスに関するあれこれでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。